無農薬・無肥料野菜@イイトコマルシェ

October 21, 2014

 

10月のイイトコマルシェまで、あと4日。

今回初めて出展される埼玉県杉戸町のナチュラルファーム田中さん。 その名の通り、農薬も、肥料さえも使わない「自然栽培」で野菜を育てている生産者さんです。

「有機肥料・無農薬野菜」という栽培方法はわりとよく聞きますが、完全なる無農薬・無肥料のお野菜となると、なかなか出会う機会が少ないと思います。田中さんは、なぜそのような農法を選ぶに至ったのでしょう?

もともと一次産業に興味があったという田中さん。お子さんが生まれたことで、「子どもたちが大きくなるころには軌道に乗せておきたい」という思いから、教職を離れて農業の世界へ踏み出しました。

そして、就農を目指す人に向けた相談会に参加。そこで、埼玉県桶川市で20年以上もの間、一切の農薬、化学肥料はおろか、有機肥料すら使わずに立派に作物 を育てている中村三善さんという方に出合います。野菜をつくるなら、子どもが食べても安全でおいしいものをと思っていた田中さん。中村さんの畑で半年ほど お手伝いをするうちに、ご自身も、このやり方でやっていこうと決めたのだといいます。

農薬も肥料も使わず育った野菜は、えぐみや苦みがまったくといっていいほどなく、皮もやわらかく、そのままかじられるほど。 まさしく、野菜の本当の味がします。 普通の野菜に比べて栄養価が高いという研究結果もあるとか。

田中さんが自然栽培を始めて、この10月でちょうど3年。ここまでになるには、相当の試行錯誤とご苦労があったと思います。 そんなお野菜を、ここイイトコマルシェでご紹介できることに、本当に感謝と喜びを感じます。

田中さんには、これからもマルシェに出展していただける予定です。 愛情と手間をたっぷりかけて育てられた貴重な野菜を、ここ関原からコツコツとみなさんに紹介していけたら、うれしいです。