10月のイイトコマルシェ、開催しました。

October 31, 2014

 

4回目にして初の晴天!
気持ちのいい秋晴れの空のもと、10/25(土)、イイトコマルシェを開催しました。

 

 

配置は、これまでとはがらりと変えて、
パンと野菜を前に置きました。
それに合わせて、テントも前に。

写真の左下に見える生産者の方が、今回から初参加の「ナチュラルファーム田中」さん。
朝採りの野菜とともに、駆けつけてくださいました。

写真は、里芋の泥を落として袋詰めにしているところです。

採れたてホヤホヤ!


田中さんは、埼玉県杉戸町というところで

完全無農薬・無肥料のお野菜を栽培されていて、

マルシェのお客さんにも、栽培方法や調理方法など、

ひっきりなしに話をされていました。

 

 

区内の直売会で、田中さんの野菜のおいしさに惚れ込んでしまって、

マルシェの噂を聞きつけて足を運んでくださった“ファン”の方もいらっしゃいました。

 

パンが大人気で、開始1時間ほどで完売。写真を撮るヒマもありませんでした ^ ^;

次からは、量を増やしていくことにしました。

 

 

奥のほうでは、お子さん向けの雑貨や手作りの品を配置しました。

お子さん連れのお客さんがたくさんいらっしゃったので、

雑貨も前回よりも売れ行き好調!

 

 

なんといっても、野菜の生産者や、マフィンの生産者さん、雑貨のお店の方など

作り手の方にマルシェに立っていただけたことが、

マルシェの盛況ぶりにつながったようです。

 

手作り雑貨の作家さんが、当初は開始からすぐ離れる予定だったのが、

ついつい楽しくて最後までいてくださったことが、

この場の楽しさを表していると思います(自画自賛ですが #^ ^#)。

 

マルシェの野菜やパンやマフィンを見て買うのが楽しい、

作り手さんと直に交流できるのが楽しい、

作り手の方にとってはお客さんと直に話せるのが楽しい。

そんな楽しさがいっぱいのイイトコマルシェだったと思います。

 

生産者の方も、実際にその場に立ってディスプレイしていると、

「今日はここが足りなかった」「次回はこうしよう」と

いろいろと気づきやアイデアが湧いてくるようです。

こういうとき、一緒にこの場を作り上げているんだなぁ、と

主宰者冥利につきるものですね。

 

準備はそれなりに大変なこともあるけれど、

反省もたくさんあるけれど、

終わったら、またすぐに待ち遠しくなる、

そんなマルシェの半日でした。

 

最後に。

意外なほど反響があった「新聞&チラシエコバッグ」。

次回からは、こちらも増量して対応したいと思います。

そのうち、興味を持ってくれた人たちと新聞エコバッグ研究会、やりたいですー。</