リビングルーム泉町見学記

September 12, 2015

 

eaotocoなおこです。

いま、eatocoとは別に、私を含めた有志によるプロジェクトとして動いている「リビングルーム」。

 

ぜひ「リビングルーム関原」を立ち上げたいと

あだちNPOフェスティバルで発表させてもらったのが去年の9月。

 

いまは閉じている「リビングルーム北本団地」を訪れたのが11月。

 

その後、主催者の現代美術家・北澤潤さんにお願いして

足立区NPO活動支援センターで講座を開催してもらったのが今年の5月。

 

それから3カ月ほどが経ち、実はほとんど進展がなかった「リビングルーム関原」なのですが……

 

8/15(土)から10/18(日)まで、およそ2カ月間にわたって水戸は泉町というところで

「リビングルーム泉町」が開催されると聞いて、

 

今いちばん近くで実体験できるリビングルームはここ以外にない!

 

と、行って来たのが昨日のこと。

 

同行者は、今年5月の講座を受講した方。

そしてNPO活動支援センターのセンター長が、

プロジェクトを応援してくださる立場から、現地で合流参加してくださいました。

子どもたちは、幼稚園のお迎えから、託児まで、イイトコのみんなにお世話になって。感謝。

 

 

 

 

さて、水戸です。

 

リビングルームが行なわれている泉町会館は、駅からバスで10分ほどの距離にありました。

角地に面した、石造りの古い建物です。

 

 

東日本大震災でガラスが割れるなど大きな被害があったという会館の建物。

ガラスは張り替えられ、すっかりきれいになっているように見えました。

 

この泉町会館をはじめ、水戸の町にはこういう古い建物がいくつも残って、

再生されているようでした。

 

 

入口ではリビングルーム泉町のテーマカラーと思われる

鮮やかなブルーの看板がお出迎え。

いざ中へ!

 

 

入ってすぐ飛び込んでくるのが、ガラス戸に貼られた「WANTED カード」。
道行く人にアピールしています。

 

 

内部のようすを写した写真もありますね。

そして上にはこどもの字で、

 

リビングルームは かぐや にちようひんを 

ぶつぶつこうかんしてつくる みんなの「いま」です。
ゆっくり やすんでいっても いいですよ

 

とありました。