こども服xChange@静山祭

June 13, 2016

 

6月11日(土)と12日(日)の両日、「静山祭」(せいざんさい)へ出店してきました。

 

関原から歩いて10分ほどのところにある築48年のアパート、「静山荘」。

すでに解体が決まっていて、静山祭はそのグランドフィナーレを飾るお祭りでした。

 

 

 

屋台は、拠点(コミュニティスペース)から出発。

 

静山荘までのおよそ10分ほどの道のりを屋台を引き引き歩いていると、

案の定、いろんな人から声をかけられます。

 

スーパーの前にいるおじさんたちからは

「今日は何売ってんの?」と大きな声が飛んできます。

「豆腐屋さん?」

「いえ、今日は洋服売ってます!」

......ホントは売ってないけど、説明すると長そうなので(実は遅刻しそうでした)

そこは臨機応変(?)に。

 

静山荘の一歩手前のタバコ屋さんを通りかかると、

「なに、お祭り?ああ、あのバス停の横? 焼きそばとかあるの? じゃあ明日行くよ!」

と、おしゃべり中のご婦人からお声がかかります。

 

予想はしていたことですが、屋台のコミュニケーション力、恐るべし!

 

 

屋台は、お祭りの会場に入るときも、ぐっと人目を惹き付けます。

一気に「なにが始まるの?」と期待に胸がわくわく......するのでしょうね、きっと。

 

1日目は、イイトコキッズがディスプレイを手伝ってくれました。

そのあとは、アパートの内と外、丸ごと落書き祭り♫

主催者発表によると、44組100名超の方の参加があったそうです。