天井裏をチェック。

June 11, 2018

 

 

ラボの入り口を入ってすぐの天井にある、染み。
雨漏りのあとか? 中はどうなっているのか?
シロアリは? 腐食は????
  
カフェに改装するときには、

できたら天板を抜いて天井の構造をむき出しにしたい
 
と思っているので、

「それならば見ておきましょう!」ということになり、

その染みの部分を切り取って、中をのぞいてみることに。
 
チェックしてくださったのは、大橋工務店さん。
埼玉県草加市で、リノベーションを手がけられている工務店さんだそうです。

設計をお願いしているハコリさんのご紹介で、やって来てくださいました。
 
私が好きで注目している「リノベーションまちづくり」。
草加は、

市を挙げてリノベーションによるまちづくりに

取り組んでいるんですよね。

私の憧れです。
  
大橋さんは、そうかリノベーションまちづくりで、

古い物件を新しいコンテンツで蘇らせる施工を

実際に手がけられているのです。
 
今日の点検で嬉しかったのが、

ラボは2Fの雨戸の桟が朽ちていて(おそらくここが染みの原因)、

これは取り替える必要があるけれど、

できるだけ戸袋は残したいね、

塗り直すのはもったいないね、

とおっしゃってくださったり

ラボの戸袋は意匠が面白いんです!今度見てみてね)、

入り口に古材のサッシを取り入れるなら

既存の木枠とガラスも残したほうがいいね、

とおっしゃってくださったこと。
 
古いものの良さをわかってくれて、

そこに趣を認めてくださる存在。

紹介してくださったハコリの方も

「テイストが合いそうで」と言っていたのが納得の、

頼もしい存在です。 

 

 

で、肝心の点検の結果は。。。
 

とりあえずセーフ!

 
一部、やはり2階の窓枠の破れからくる
雨漏りによって

朽ちたと思われる部分はあるものの、

補強で済みそうとのこと。
他は、今日覗いてみた限りでは問題なさそう!
シロアリもいません!
  
憧れの天井むき出しの可能性が一歩近づいたかな♡


しかし、いざ天井を抜くとなると、DIYで〜とか、
2階の壁の左官塗りもDIYで〜とか、

やっぱりワクワクしてくるのです。